fc2ブログ

あらら~な生活

~人生、七転八倒?それとも七転び八起き?ある頚腕症患者の日常をつぶやきます~

Top Page › ひとり言・雑記 › お久しぶり、MerryXmas!
2017-12-23 (Sat) 13:50

お久しぶり、MerryXmas!


お久しぶりです、訪問者の皆さま。
いつもこんな無精なブログを読んで下さってありがとうございます。
年の瀬だというのに大掃除もまだ途中。
今月中には終える予定ですが、自分自身の体のメンテもやらなくちゃ、ということで、先々週、大腸と胃の内視鏡検査を終えて、やっと今お酒が飲めるようになりました。
ここ最近はいい気になって毎晩飲んでますが、
以前のように豪快にではなく、慎ましく、程々に(笑)
体調を思い遣りながら、でも飲む。

やっぱりワタシの持病には「痛み」のコントロールが欠かせないわけで、第二の麻酔薬でもあるアルコールは一時的ではあるけれど痛みを忘れされてくれる特効薬なんです。
醒めると激しく痛みがぶり返すという劇薬の側面もありますけどね。
いつぞや書いたペインクリニックへの不信はまだ続いておりまして、いまだトリガーポイントブロック注射のみでなんとか日々の生活を送っていますが、担当医も去年の中旬から変更になり、これまでマンネリ気味だった治療にちょっとだけ光が射したような気がして、今年一年なんとか乗り切れそうな感じです。

実はつい最近まで通院先の治療を巡り意見の対立があって、患者として非常に通いにくい状況にありました。転院も頭によぎりましたが、担当医の誠意を信じてもう少し様子見てからでも遅くはないと思い直し、病院に設置してある「患者の相談窓口」、アレを初めて利用して、洗いざらいブチまけたら、あぁスッキリ!
頭も多少冷えたので、今は落ち着いてます。
機会があれば、ブログで取り上げたいと思ってますが、ほんと世の中にドクターXはいないのか…とやや悲観的な感情に支配される日々です。
去年、知人が駅のホームで頭を打って救急に担ぎ込まれた時、

「大門未知子を呼んでー!」

と頭を流血させながら繰り返し叫び、その後担ぎ込まれた病院内でその知人は大門を呼んだ患者として大々的に噂になったと聞いて大爆笑しましたが、もちろん本人にその記憶はなく、無意識でも失敗しない完璧な医者を心の底で求めている証なんじゃないかなぁと思います。
それは単に技術的に完璧であることを求めるということだけじゃなくて、患者にとって一回の失敗がその後の人生を左右するとしっかりと理解して受け止めて欲しいってことです。

ほんと大門先生にワタシの治療もお願いしたいわ。

「私、麻酔でも失敗しないので。」ってドラマでも発言していたし!(笑)

そういえば、先週最終回だったドクターX。
最後までハラハラして、未知子は死んだの?生きてるの?ってヤキモキしてました。
患者になっても失敗しないとは―いや、お見事。加地先生が可哀そうでもあるけれど、主治医を決めるのは患者ですからね。
病院で治療受けるのもストレスならいっそ病院を、主治医を変えてしまう方がいい。
うん、そうだ、人間同士、相性だってありますしね。なんだか背中を押してもらった気分です。

ちなみに、最近恒例になりつつある大腸・胃内視鏡検査。
今年は去年とは違う、かなり遠方にある個人クリニックにお世話になりました。
確か去年は這うようにして自宅へ戻り、半日ベッドから起き上がれませんでしたからね、もう痛くて痛くて。
あんな思いは二度とごめんだ、ということで、今年は検査実績のある医師を紹介してもらったんですが、検査後普通に歩いて、しっかり食事までして帰って来られたので、内視鏡の腕前の差を如実に感じました。
どうせ検査してもらうなら苦痛はなるべく避けたいですからね。
驚いたのは、胃の内視鏡画像に写る炎症からワタシのいつもの食生活を当てられたことで、何でも読み取られてしまうと空恐ろしくなり、でも頼もしくもあって来年もまた診てもらおうと決心した次第です。


さ~て、いよいよクリスマス。
一段と寒くなりそうですが、体のメンテをした後は、「食べる。」「飲む。」
喉元過ぎればホニャラララ~なワタシが今気になっているのはチーズダッカルビです。
一応チキン料理なので聖なる夜に相応しいかもしれませんが作るのが大変そうなので却下、その代り新年早々、新大久保辺りに出没するかも?
とりあえず、今年のイブはワインとルヴァンのチーズサンドでも買って、ローストビーフでも頬張りながら過ごしたいと思います。ケンタッキーはしつこいから今年はやめよう(笑)

IMG_0037_convert_20171221203726.jpg


それでは、ちょっと早いけどMerryXmas🎄 !



スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-12-23

Comment







管理者にだけ表示を許可