fc2ブログ

あらら~な生活

~人生、七転八倒?それとも七転び八起き?ある頚腕症患者の日常をつぶやきます~

Top Page › ひとり言・雑記 › 喉を救え
2018-10-09 (Tue) 23:06

喉を救え


前の記事で声枯れが治らないと書きましたが、治らないどころか悪化して
現在病院を転々とする日々…。


声枯れから始まって、鼻詰まりや喉の痛みが酷くなり、処方された薬を飲んだら
今度は咳が止まらなくなって、耳鼻科(A医師)から内科(B医師)へ。

肺炎じゃなさそうだね、疲れてるんだよ…

と慰められ薬を飲み切っても症状は酷くなるばかり。

そこで土曜日も診察してくれる、設備充実の病院を探し出し、そこの耳鼻科で
ファイバースコープで鼻の中を検査したり、CT撮ったりして貰えましたが、
少し腫れているけど異常なし。

そんなこんなで、この間 約2か月 苦しんでいます。
咳の出始めがちょうど仕事始めと重なったりして、なんて間が悪いんだと嘆きつつ。


結局ファイバースコープの検査をしてくれた医師(C医師)は「副鼻腔炎」だと言い、
翌週CTの画像診断の結果を伝えてくれた別の医師(D医師)は「異常なし」と診断。


しかーし、先生、咳が止めどなくでるんですが!?



「咳喘息だと思うから、とりあえず咳止め出しましょうか。あとステロイドもね。」
                                 (D医師)


それは症状を抑えるためだけの処方ですよね、先生。
根本原因を突きとめてくれないんですか?
治療してくれないんですか?


A~Dの4人の医師に診てもらいましたが、D先生が一番適当で悲しくなりました。
患部くらい診ろよ、と心の中で毒づくワタシ。
咳喘息だって約30%の人が喘息になるという怖ーい病気なのに、何その軽い対応は?


最も的確な処置をしてくれたのはC医師なのですが、
毎週土曜日にシフトが入ってるわけではなく、
一度っきりの診察以来会っていません。

このままドクターショッピングを続けるのは嫌だけれど、
咳止めを出され続けるのはもっと嫌だ。


いつもなら病院で処方された薬を飲んで良くなるんですが、
今回は効かないどころか
咳止め飲んで息苦しくなったり
少し咳が和らいだと安心したら
鼻の奥と咽頭の交差しているポイントがヒリヒリして炎症復活っ!


症状がなんだか振り出しに戻っているんですけど?




このサイクルをどうにかして断ち切らねば、ワタシに明るい未来はない。
その為には新たな病院とまだ見ず知らずのE医師(予定)に早く出会い、
少しでも快方へ向かう治療が必要なんですが、
はて、どこへ行けばいいのか?
どこまでも転々とし続けるのは嫌だなぁ。




さて仕事初日から鼻詰まり、喉の痛み、声枯れ、咳の四重苦に悶えながらも
無事やり遂げられたのは心強ーい味方がいたから。

もちろん仕事仲間に恵まれたのもあるけれど、
ワタシの喉を乾燥から守ってくれたのはお茶でございます。
ずっ―――と飲んでました。
そしてトローチや飴を欠かさず口に含み続け仕事をしておりました。


ルルのトローチ。たったの6個。お高すぎる割に効き目があまり感じられず
たった一度の購入で終わってしまいました。



ルルトローチの後は他のトローチやのど飴を買い漁る日々。
最終的に落ち着いたのは定番の龍角散のどすっきり飴です。
ルルトローチに比べコスパも良いし何より効く。
カミツレ・カリンの成分が喉の炎症を鎮め、咳を抑えてくれます。
最近はブルーベリーやミルク味など種類も増えてるみたいです。





咳や喉の痛みがヒドイといつものように苦いコーヒーが飲めなくて…。
毎日4~5杯飲んでいたのが一日1杯、しかも薄いマイルドコーヒー。
代わりに職場では緑茶、自宅では紅茶をよく飲んでいました。
たまたま自宅にあった下の紅茶は痛む喉をかなり和らげてくれ、
思ったより喉に効き目があって驚きました。
成分にリコリス(甘草)やジンジャー、カルダモンが入っているので納得。
しかも美味しい!

(KUSMI TEA) クスミティー インペリアル ラベル 25g缶 [正規輸入品]




ただ缶に入っている量が少ないのでなくなるのが早いし、毎日飲むにはコスパがね…。



今は手頃な値段のセレッシャルのハーブティーを毎日飲んでます。
ペパーミントが一番お気に入り♡





スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-10-16

Comment







管理者にだけ表示を許可